読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれ日記

日々思ったこと、気になったことの日記

ジブリの新作「風立ちぬ」を観て

映画 アニメ

泣きました。いい歳したおじさんですが。

人が死ぬ話を観て泣くというのも安易でイヤだと思う自分がいますが、近頃さっぱり泣いていなかったので、そろそろ映画を観て泣きたかったんだと思います。

「映画館には子供を連れて行かない」という選択は正解でした。この映画は大人の映画です。

映画の内容はもっと掘り下げた話にすると、どうしても戦争を描かなくてはいけないのですが、宮崎駿はあえて避けたようでした。私はその判断は正しかったと思います。

ただ、強烈に何かを感じたというものは残りませんでしたが、最後の「ひこうき雲」が流れたときに、泣いてしまいました。

自分が年齢を重ねて生きてきた人生を振り返りつつ、何かを成し遂げたのか自問自答してしまうような、そんな後味がありました。