読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれ日記

日々思ったこと、気になったことの日記

映画 県庁おもてなし課 ががっかりだった件

映画
映画版観ました。
とーーーーてもつまらなかったです。
高知のPRにもならなかったですよ。
だって小説読んだ自分が行ってみたいと思ったのに
映画で高知の映像をみたら行きたいとも思わなかったんですから。
映画なので話を省略してるから展開に違和感を感じるし、青臭い演出とかもあったりして引くとこもあったり、変なアニメが途中挿入されて興醒めしてしまったり。
一番納得できたのは船越さんだけですね。
彼の芝居以外はみてもしょうがない。
映画としては二組の恋愛と観光プロジェクトを絡めるのであれば時間が足らないので、個人的には観光プロジェクトで苦労する話にして欲しかったです。
主人公が高知の良さに気づくところを丁寧に映像とともに描いて行けば高知のいいPRになったんじゃないのかなぁ。
あと方言ってあれでいいのかな?
高知の人じゃないけど全体的に微妙な感じがした。
いくつかレビューみたけど方言に関してはダメ出しが多かった。
普通に観て違和感を感じるんだから、地元の人がみたら許せないレベルなのかもなぁ。
なんと言うか時間の無駄だったと言うか。。。