読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれ日記

日々思ったこと、気になったことの日記

猫弁 の本を読んだ件

 大山淳子の猫弁シリーズ読了。

楽天koboにてポイント購入したもので、ちょっと前に読み終わり、

3作目はちょっと高かったので近所の図書館で借りた。

ドラマ化されている作品だそうですが、全くの予備知識なしで読みました。

大きな事件とか、ドラマティックな展開とかそういったものは期待してなかったのですが、小さな出来事が伏線とまではいかないまでも、別の人と繋がる展開になんだかニヤリとしてしまうのは私だけでしょうか。

まぁ、登場人物全てが都合良く繋がっているので、あまりに都合がよすぎるところもありますが、1作目の伏線みたいな設定が3作目あたりと繋がったりするのは読んでいて楽しいものでした。

私は勝手に結婚相談所の大福さんは年配の太った女性を想像していただけに、1作目の最後でどういう女性かわかった時には少々驚きました。

猫弁は吉岡秀隆さんが演じられたそうで、言われてみるとなるほど、と思うキャスティングです。

 

猫弁 天才百瀬とやっかいな依頼人たち (講談社文庫)

猫弁 天才百瀬とやっかいな依頼人たち (講談社文庫)

 

 

猫弁と透明人間 (講談社文庫)

猫弁と透明人間 (講談社文庫)