読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれ日記

日々思ったこと、気になったことの日記

シンジ対決は香川の方が制したらしい件

ドルトムントの試合を今週も見ようと楽しみにしていました。
マスコミはシンジ対決として扱っていたようで、岡崎のプレーも久々にみれてよかった。

ドルトムントの1失点目は嫌な空気になりそうだったけど、後半盛り返したのでよかった。この時の岡崎のポストプレーからのゴール前までの飛び出しが素晴らしかったので、マインツの先制になったんだろう。

岡崎は全体的にいい位置でファウルをもらってくれるし、ポストプレーも素晴らしかったし、強いチームにいければもっと点とれると思った。でも、いまのマインツだと厳しいか。岡崎が点取れればマインツも浮上しそうだ。

香川は全体を通じて及第点だったようだ。惜しいシュートもあって、アシスト未遂もあったから、妥当だろう。
しかしこの試合で2連勝、しかも前線の形が決まって、逃げ切るときの交代枠のパターンも決まっていい感じになってきた。
とくに先制されても慌てないで、追いつかれても慌てない逆転して勝ったのは大きかったんじゃないかなぁ。

ソクラテスとかDFラインのボール回しがちょっと危ない感じもしたけど、フンメルスが戻ってきたらなんとかなるか。

後半ドルトムントがどこまで盛り返せるか楽しみになった。