読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれ日記

日々思ったこと、気になったことの日記

映画「アウトロー」を観た件

最近 ミッションインポッシブルを観てから激しいアクションをするトム・クルーズが観たくなっていたのだが、この記事を読んで「アウトロー」も観る気になった。

もちろん、日本語吹き替えで。

igcn.hateblo.jp

 

正直「アウトロー」が公開された時にはそれほど気にならなかったし、当時はトム様にいいイメージを持っていなかった。

なにせ、自分の中のトム様のイメージは「トップガン」と「カクテル」で止まっているのだから・・・

しかし「アウトロー」は今まで見たトム様映画の中で一番好きかもしれない。

正直カッコイイのだ。

カッコよく作ってあるといえばそれまでなんだけど、全体的に流れるダークな雰囲気がいい。

あと、海外ドラマで刑事ものが好きな私としてはなぜ狙撃犯が犯行に至ったか、の経緯を調べていく、そして誰が罠に嵌めたのかを突き止めていくのも面白い。

また、カーチェイスシーンや銃撃シーン、格闘シーンと見せ場も多い。

特に気に入ったのは採掘現場での銃撃シーンで、今時の派手な演出ではなく、意外と地味な現実的な撃ち合いな感じで、FPSのゲームをやっているような気になったので逆にリアルだった。スナイパーが居ると銃撃戦が面白いと思えた。

 

トム様の映画というとちょっと敬遠していた自分がいまどっぷりトム様の映画にはまっているのも不思議だ。次は「コラテラル」でも観てみるか。

 

 

アウトロー [Blu-ray]

アウトロー [Blu-ray]