読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれ日記

日々思ったこと、気になったことの日記

有川浩「ストーリー・セラー」を読んだ件

 

ストーリー・セラー (幻冬舎文庫)

ストーリー・セラー (幻冬舎文庫)

 

 電子書籍で購入していたのだが、最近暇になったので読んでみた。

読書環境としてはiPhone5cで読むのが意外とはかどることが解ってきた。

 

SideAとSideBに分かれるこのストーリーは小説家の彼女と同僚の彼の二人の話で紡ぎだされるストーリーだ。

SideAだけで泣かされて、SideBを読み始めるとSideAは小説家の彼女の作品だと知る。

そうやってSideBを読み進めていくとまた裏切られる展開になる。

 

有川浩作品は結構泣かされることが多い。

今回も泣かされた。

ただ、数か所だけどうしても受け入れがたい表現があった。

それは数ページを「あなたがすき」とか「覆す」という文字で埋める文章だ。

夜読んでいてちょっと怖くなった。

まぁ、それが狙いなのかもしれないけど。

正直こういう表現はあまり好きじゃない。苦手だ。

そこだけ。気に入らなかったのは。

本の装丁もかわいくて、本屋で何度か買おうと思ったこともあった、おすすめの一冊です。