読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれ日記

日々思ったこと、気になったことの日記

映画「マン・オブ・スティール」を観た件

映画

 

マン・オブ・スティール ブルーレイ&DVD(初回限定生産)

マン・オブ・スティール ブルーレイ&DVD(初回限定生産)

 

遅ればせながらやっと観ました。 

いわゆるスーパーマンですね。

クリストファーリーヴ世代としては、最近の派手なVFXアクション大作だから

どうなんだろう?と思いましたが、なかなかよかったです。

 

クリプトンの崩壊の物語から、地球で調査船を発見するあたりや、テラフォーミングしていく映像など今時の映画の映像なのですごいのですが、正直珍しくはなかったです。

 

こういった映像が派手になりがちな映画はジョナサンケント役のケヴィンコスナーの

演技など、ヒューマンドラマがしっかりしていないと、「ただ派手だった」という感想で終わってしまいそうです。

そういった意味では、言葉少なげに諭していくジョナサンのような役柄って重要ですよね。

 

スーパーマン系のドラマで「ヤングスーパーマン」とかみてたんですが、色々面白い解釈のスーパーマンがあっていいんじゃないでしょうか。