読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれ日記

日々思ったこと、気になったことの日記

「スターウォーズ フォースの覚醒」を観てきた件

まかろんです。

スターウォーズ フォースの覚醒 観に行ってきました。

ブログのネタとしてはさんざん誰かが書いているとは思いますが、思い出なので、ね。

ネタばれとか解釈違いとかあるとは思いますが、ちょろっと感想を。

f:id:makaronjp:20151223093840j:plain

f:id:makaronjp:20151223093856j:plain

f:id:makaronjp:20151223093846j:plain

f:id:makaronjp:20151223093902j:plain

f:id:makaronjp:20151223093910j:plain

 

スターウォーズのEP4を劇場で観たのはいつだったか。
当時子供すぎて覚えていないのだが、大阪の梅田の劇場で観たのをうっすら覚えている。
EP4が1977年公開なので自分は1年生くらいだったかと。
なぜかよく覚えていたシーンはダストシュートにみんなで落ちて潰されそうになるシーン。しかし、なぜそのシーンなんだ・・・
それから考えるともう40過ぎのおっさんがこのシリーズの新作を観れるというのも感慨深い話で、そんなおっさん達が世界中にいるんだと思うとちょっと胸熱。
 
さて、EP7ですが、率直な感想は「面白かった」です。
ただ、この演出やストーリー展開が鼻につく人もいるんだろうなーと感じました。
スターウォーズのEP4-6が大好きなファンに「こういうのが観たいんだろ?」的な話、演出が多いから。
でも、それはそれでいいんじゃないかな、と個人的には思う。
やっぱりミレニアム・ファルコン号が飛んでいるところは観たいし、ハンソロとチューバッカのコンビも観たい。(実はレイアはあんまり観たくなかった・・・)
 
しかし、今回の話のメインがハンソロとレイア、その息子の物語になっているとは思いもしなかった。
カイロ・レンが暗黒面に落ちていく様は最初の無慈悲な強さを見せつけた登場シーンからとのギャップがあって、挙句ライトセイバーを初めて持ったレイにもやられてしまうところがなんというか、残念な立ち回りだったのですが、EP8,9ではもっと強いところを見せつけてくれると期待。
 
今回新キャラで一番お気に入りだったのが、ポー・ダメロン。
最初のキーマンで、ひどい拷問受けたのに、凄いタフ。
戦闘機にさえ乗ればすごい腕前を披露。
フィンとのやりとりも好き。
次作も出番あればいいな。
 
とりあえず、書きたいことはこの程度。
後日なにか書くかも。