読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれ日記

日々思ったこと、気になったことの日記

『オレたちバブル入行組』『オレたち花のバブル組』を読み終わってドラマが良く出来ていたと思った件

 半沢直樹シリーズ、ドラマ化された2作品の原作本を読みました。

とても面白かったです。もちろん脳内再生は余裕でできました・・

(注:以下ネタばれありです)

 

原作はドラマと若干異なるところが多くあり、ドラマ版の方がより感情移入しやすいというか、半沢がここまでやるのか?という動機が強くあるように改変されてます。

たとえば、半沢の父は資金繰りに困り自殺するのですが、原作では父は自殺はしていません。あと、大和田が半沢の父の融資を引き上げた張本人になっていますが、原作では違いました。

大和田に至る道筋を考えると、テレビドラマのシナリオはとても良くできていて、原作を上回っていると言えるでしょう。

京橋支店での運用失敗についての報告書のくだりなんかは、原作よりもドラマの方がスリリングです。

細かなところの違いを挙げていくときりがないのですが、ドラマは原作をうまく消化しつつ、展開に必然性とスピード感を与えています。

ドラマだけ見た方は、原作も読んだほうが面白いと思います。お勧めです。

オレたちバブル入行組 (文春文庫)

オレたちバブル入行組 (文春文庫)

 

 

 

オレたち花のバブル組 (文春文庫)

オレたち花のバブル組 (文春文庫)