読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれ日記

日々思ったこと、気になったことの日記

Litte Martin LX Blackを手放した件と今の相棒Gibson J-45についてちょっと紹介してみた件

音楽

まかろんです。

 

去年の年末に中古でギターを買いました。

makaronjp.hatenablog.com

しかし、結局ブリッジの浮きについて修理しようか悩んだ末、最終的に手放してしまいました。

手放した顛末については後日書こうかと思います。

(ざっくり言うとオークション代行を使って手放しました)

 

 

ところで、今の相棒は数年前オークションで落としたGibsonのJ-45です。
J-45 DELUXとラベルがあるのですが、正直私はこのギターの価値がわかっていません。
オークションでは83000円くらいで落としたのですが、出品者さんによるとプレイヤーズコンディションと銘打っていて本体に傷とかあるけど、いい音なるよ、みたいな売り文句がありました。
GibsonのJ-45を普通に楽器屋さんで新品を買ったら高いのはわかっていましたし、自分のギターの腕前が大したことないので10万を超えるような楽器は必要ないと思ってました。
あとギターの先生が「中古の楽器だと弦高とか調整してあって弾きやすいものもあるよ」という言葉をちょっぴり信じて、また出品者さんの言う「プレイヤーズコンディション」という言葉を信じて頑張って落としてみました。
結果、自分的には満足していて、傷の付き具合とか古さを考えると、もうこれを手放すときは二束三文にしかならなさそうだな、と思ったので一生もののギターにするつもりです。
f:id:makaronjp:20160221213440j:image
f:id:makaronjp:20160221213452j:image
f:id:makaronjp:20160221213502j:image
このギターを見て、
「あーこの人騙されて高値で買っちゃってるよ」
って思った方はそっとこのブログを閉じていただければ幸いです。
 
「お、なかなかいいもの持ってるじゃん」
とか
「安く出物を手に入れたねー」
って思った方はこのギターの価値を教えていただければ幸いです。
 
ではでは。