読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれ日記

日々思ったこと、気になったことの日記

探偵はBARにいる をみた件

 世の中的には今更ですが、「探偵はBARにいる」の1,2を観ました。

感想は「面白かった!」です。

観ていて札幌に行きたくなった。

 

昔の映画の探偵物の王道を行く感じで好きだ。

大泉洋は友人が大好きなのだが、自分はいまいち好きになるきっかけがつかめなかった。

水曜どうでしょう」もあんまりはまらなかった人なので。

それが好きになってきたのは「アフタースクール」あたりを観てからかもしれない。

どうも「大泉」の出ている映画は「ハズレ」が無さそうだぞ?と思い始めた。

松田龍平についてもあまりいいイメージがなかった。というか彼が出ている映画をほとんど観ていなかった。

そんな二人が出ている映画だったので、期待して観ていなかったのが良かったのかもしれない。

 

好きなシーンはどこか?と言われたら二人がボロいビュートに乗ってドタバタするシーンかな。

あとはススキノの街を走る、それを追っかけるカメラワーク。

音楽もいい味付けになっているし、質の高いエンターテインメント映画ですよ、コレは。

 

探偵物のお約束のようなテイストがふんだんにちりばめられた良質な邦画でした。